2006年06月30日

電車のカーブ走行

最近 地震の電車事故が TVニュースで繰り返し報道されますね
 新幹線が脱線したのですが 対抗レーンのレールに車両が来ない時間帯で 不幸中の幸いで 大惨事になりかねないところだったそうですね
 私が 幼稚園時代からの 長年の疑問を思い出したので タンゴウォークに 関連付けてみました
 物理の原理や数学の立方体を 思いながら考えると 正解が見つかるでしょう


 タンゴウォークは2歩だけで カーブの距離が短いので 2回連結させます

 ウォーク から プログレッシブサイドステップ から ウォーク (S・S・Q・Q・S・S)

 これだと左カーブが長いですね
 カーブを滑らかに移動することを 考えてみました


 男女の足は 4トラックを描いてステップするわけですが 女子は男子よりも より長い距離を 同じ歩数で歩きますね


 車のディファレンシャルギア(差動器)の原理とは 異なります


 ★電車の場合は 左右の車輪はデッドアクスル(死軸)に固定されてるので回転数は 当然同じですね
 …と云うことは 内側の車輪の直径を小さくすることによって 内側の短いレールを転がるので 滑らかにカーブ出来るわけですね

 答えは 【内側の車輪を小さくする】ことなのですが どのようにして小さく 直径を変えているのか? プロセスを考えてみて下さい

 このメカニック原理は 素晴らしい着想と感心するのですが
 (後退回転のトウターンアウト=後退回転する時の外股ステップも ダンス界の大発明!)


 鉄道模型にも 取り入れられているのでしょうか?
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
       正解=プロセスの説明

posted by Juteline at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:12
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。